読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BeagleBone BlackにUbuntu12.04をインストールする

作業の備忘録として記録しています。Raspberry Piを触っていれば、ほぼ同じような手順ですが・・・ (本当はIntel Galileoで遊ぶつもりが発売が年明けに延びたので、こっちをやっつけることに...)

追記 この方法では、SDカードからのブート時に「ボタン」を押す必要がありますが、きんねこさんが押さなくても起動するように、解決してくれました。 armhf.comで配布しているUbuntuイメージはボタン押さないと起動できない件 解決方法は最後に追記しました

BeagleBone Blackの購入

たまたま寄った秋月電子に最新版のRev A6が売ってたので購入¥4,980

f:id:tomo_watanabe:20131215153638j:plain

UbuntuをSDカードに書き込む

ホストマシンはMacintoshです。まずはBeagleBone Black用のUbuntuイメージをダウンロードします。今回はLTS版のPrecidse 12.04を使います

ダウンロードしたら解凍します。

$ xz -d ubuntu-precise-12.04.3-armhf-3.8.13-bone30.img.xz

解凍して出来たイメージをSDカードに書き込みます。使用するmicroSDは2GB以上のclass10が良いでしょう。ddコマンドで書きこめばいいのですが、Raspberry Piで使用した「RPi-sd card builder」などを使うと楽になります。

Ubuntuから起動

LANケーブルを接続しておき、SDカードを本体に差し込み起動しますが、そのままでは起動しないので、Bootボタンを押しながら電源を入れます。LEDが点滅し始めたら離しても大丈夫のようです(離すまでの時間が曖昧・・・)無事起動していればsshでログインできるはずです。

f:id:tomo_watanabe:20131215163844p:plain

$ ssh ubuntu@192.168.0.6 <— BeagleBone Blackのアドレス
ubuntu@192.168.0.6's password: 
Welcome to Ubuntu 12.04.3 LTS (GNU/Linux 3.8.13-bone30 armv7l)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/

The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.

ubuntu@ubuntu-armhf:~$

パーティションの拡張

今回は4GBのSDカードを使ったのですが、そのままではブートイメージのサイズ上2GBしか使用できないので、パーティションの拡張を行います。電子工作マスターへの歩みを参考にfdiskで拡張します

ubuntu@ubuntu-armhf:~$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs          1.8G  244M  1.5G  15% /
/dev/root       1.8G  244M  1.5G  15% /
devtmpfs        248M  4.0K  248M   1% /dev
none             50M  224K   50M   1% /run
none            5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none            248M     0  248M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1 1004K  480K  524K  48% /boot/uboot

今はまだサイズが1.8GBになってますので、fdiskで拡張します

ubuntu@ubuntu-armhf:~$ sudo fdisk /dev/mmcblk0
ommand (m for help): p

Disk /dev/mmcblk0: 4023 MB, 4023386112 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 122784 cylinders, total 7858176 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x80008000

        Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1   *        2048        4095        1024    1  FAT12
/dev/mmcblk0p2            4096     3751935     1873920   83  Linux

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 2

Command (m for help): p

Disk /dev/mmcblk0: 4023 MB, 4023386112 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 122784 cylinders, total 7858176 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x80008000

        Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1   *        2048        4095        1024    1  FAT12

Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 2): 
Using default value 2
First sector (4096-7858175, default 4096): 
Using default value 4096
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (4096-7858175, default 7858175): 
Using default value 7858175

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
Syncing disks.

ここまで来たら、先のBootボタンを押しながらリブートします

ubuntu@ubuntu-armhf:~$ sudo reboot

起動したら再びsshで接続してログイン後、resizeコマンドを叩きます

ubuntu@ubuntu-armhf:~$ sudo fdisk /dev/mmcblk0

Command (m for help): p

Disk /dev/mmcblk0: 4023 MB, 4023386112 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 122784 cylinders, total 7858176 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x80008000

        Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1   *        2048        4095        1024    1  FAT12
/dev/mmcblk0p2            4096     7858175     3927040   83  Linux

Command (m for help): q           

ubuntu@ubuntu-armhf:~$ sudo resize2fs /dev/mmcblk0p2   
resize2fs 1.42 (29-Nov-2011)
Filesystem at /dev/mmcblk0p2 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
The filesystem on /dev/mmcblk0p2 is now 981760 blocks long.

ubuntu@ubuntu-armhf:~$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs          3.7G  246M  3.3G   7% /
/dev/root       3.7G  246M  3.3G   7% /
devtmpfs        248M  4.0K  248M   1% /dev
none             50M  224K   50M   1% /run
none            5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none            248M     0  248M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1 1004K  480K  524K  48% /boot/uboot
ubuntu@ubuntu-armhf:~$ 

これで領域が3.7GBに拡張されました

ボタンを押さなくてもSDカードブートするように修正

前述のように、きんねこさんがSDカードブートするように解決してくれました。 調査内容はエントリ上部のリンクを参照してください。ここでは修正部分だけ追記します。

nEnv.txtに2行追加します

# cd /boot/uboot
# vim nEnv.txt

mmcpart=2
bootfile=zImage  <---- 追加
optargs=fixrtc
uenvcmd=i2c mw 0x24 1 0x3e; kd=0; if test $mmcdev -eq 1; then mmc dev 0; if mmc
rescan; then kd=1; fi; mmc dev 1; fi; setenv mmcroot /dev/mmcblk${kd}p${mmcpart} ro
loadfdt=load mmc ${mmcdev}:${mmcpart} ${fdtaddr} ${bootdir}/dtbs/${fdtfile}
loadimage=load mmc ${mmcdev}:${mmcpart} ${loadaddr} ${bootdir}/${bootfile}
mmcboot=echo Booting from mmc ...; run mmcargs; bootz ${kloadaddr} - ${fdtaddr}  <---- 追加

これで保存して、一度シャットダウンして再度電源を入れればSDから自動起動するようになります\(^o^)/

広告を非表示にする